スザンヌさんもサプリメントは無くてはならない存在だというほどダイエットに効果があるとして人気のユーグレナから生まれた麹酵素。

SNSや女性誌などでも話題を集めているようですね~♩

 

ユーグレナから生まれた麹酵素は公式サイトでも高評価を得ているので気になっている人も多いのではないでしょうか?

1日何粒飲めば効果が出るのか気になりますよね!

 

そこで今回は、ユーグレナから生まれた麹酵素は1日何粒が飲みすぎなのか、またピルの併用は可能なのか?ということについて紹介したいと思います!!

 

↓今なら通常6,200円が500円(今なら送料無料!!)↓

▼売れすぎにつき初回92%OFFの販売終了間近!お急ぎを!▼

>> 定期購入縛りなし!安心の20日間返金保証付きでリスクなし! <<

ユーグレナから生まれた麹酵素は1日何粒飲めばいいの?

ユーグレナから生まれた麹酵素は1日に何粒飲むのが効果的なのか気になっている人もいますよね!

ユーグレナから生まれた麹酵素は一袋30粒入りですが何粒飲めばいいのでしょうか?

 

公式サイトを見てみると、1日飲む量は摂取目安量として1~2粒を推奨しているとありました。

しかし、ユーグレナから生まれ麹酵素は医薬品ではないので何粒といった規定はないのです。

 

早く結果を出したいという人の中には、朝・昼・晩に一粒ずつなど少し多めに飲んでいる人も多くいるようですよ!

規定はないといっても飲みすぎはお腹を壊したり体調不良の原因となってしまう可能性もあるため、多くても1日3粒程度にしておく方がいいでしょう。 

 

また、ユーグレナから生まれた麹酵素の効果を実感するには毎日継続して飲むことが大切なので飲み忘れをしないように毎日「夕食後」など時間を決めておくと飲み忘れを防げますね!

ユーグレナから生まれた麹酵素はピルと併用してもいい?

薬や栄養補助食品の中にはピルとの併用を避けた方がいいとされるものがあります。

院でピルを処方されているけどユーグレナから生まれた麹酵素をのみたい!と思っている人もいるでしょう。

 

ユーグレナから生まれた麹酵素はピルと併用して飲んでも大丈夫なのでしょうか?

結論から言うとユーグレナから生まれた麹酵素はピルと併用して飲むことができます。

ピルとの併用NGなサプリメントは?

サプリメントってたくさん種類がありますよね。

ピルと併用NGなサプリメントの中にはダイエットサプリメントも含まれています。

 

しかし、ダイエットサプリメントではありますがユーグレナから生まれた麹酵素はピルと併用して飲むことができます。

それは、サプリメントに含まれている成分が関係しています。

 

では、どんなサプリメントがピルとの併用NGなのか少し紹介しますね。

セントジョワーズアート(西洋オトギリ草)

セントジョワーズアートはハーブの一種で、ピルの効きめを弱めてしまいます。

そのため避妊効果を下げてしまうのでピルとの併用は控えた方がいいのです。

プラセンタ

医療機関で処方されるプラセンタですが、こちらもピルとの併用は避けた方がいいとされています。

プラセンタには女性ホルモンを活性化し調整する作用がありますが、その作用は市販品よりも病院で処方されたものの方が大きいのでピルの効果を激減してしまうのです。

チェストベリー・チェストツリー

チェストベリーやチェストツリーのサプリメントはピルと併用することでピルの効果を下げてしまう可能性があります。

チェストベリーはチェストツリーの実で女性ホルモンの分泌を促すと言われています。

 

そのため、女性特有の月経前症候群(PMS)の症状を抑えることができるのです。

この成分を用いた薬が月経前症候群の治療薬として市販でも販売されています。

大豆イソフラボン

イソフラボンは構造が女性ホルモンとよく似ています。

そのため女性ホルモンと類似の作用があり過剰摂取するとピルの効果を激減してしまうのです。

ユーグレナから生まれた麹酵素はピルに影響する成分は入ってない??

サプリメントの中にはピルとの併用を避けるべきものがいくつかあるのがわかりました。

ユーグレナから生まれた麹酵素は本当にピルと併用しても大丈夫なのでしょうか?

 

ユーグレナから生まれた麹酵素に含まれる成分を見てみましょう。

 

ミドリ麹粉末(国内製造)、米デンプン、殺菌乳酸菌末、黒胡椒エキス末、酪酸菌末、パン 酵母エキス末(グルコポリサッカライド含有)、植物発酵エキス末、乳酸菌凍結乾燥末、酵母エキス末、ブラックジンジャーエキス末 /HPMC、ステアリン酸カルシウム、 ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1、着色 料(二酸化チタン)、葉酸、シクロデキストリン、香辛料抽出物、ビタミンB12、(一部に小麦・乳成分・ オレンジ・キウイフルーツ・大豆・バナナ・もも・やまいも・りんご・ごま・カシューナッツを含む)

 

大量摂取することでピルの効果を下げてしまうとして大豆イソフラボンを紹介しましたね。

ユーグレナから生まれた麹酵素の成分を見てもらったら分かるようにユーグレナから生まれた麹酵素には「大豆」が含まれています。

 

じゃあ、飲み合わせしない方がいいのでは?と思った人もいるでしょう。

大豆イソフラボンは大量に摂取してしまうとピルの効果を激減させてしまう可能性がありますが、ユーグレナから生まれた麹酵素を1日1~2粒飲むぐらいならまず問題ないと言えるでしょう。

 

ただし、この記事の最初でもお伝えしたように早く結果を出したくてユーグレナから生まれた麹酵素を飲みすぎるとピルの効果を激減させてしまったり、お腹を壊したりする可能性もあるため飲み過ぎには注意が必要ですね。

メーカーが推奨している1日の摂取目安量である1~2粒にしておくと安心ですね。

ピルとユーグレナから生まれた麹酵素の併用がどうしても心配な場合は?

飲みすぎるとピルの効果を激減してしまう可能性もありますが、1日1~2粒なら併用しても問題はないですが、どうしても心配だ…という人は、メーカーに問い合わせて確認すると安心ですね。

ユーグレナから生まれた麹酵素の販売会社の連絡先は以下です。

 

フリーダイヤル(通話料無料)

0120-331-300

平日10:00~18:00(土日祝日は休み)

minorinomi

 

併用してもいいのかどうしても不安な人はユーグレナから生まれた麹酵素を購入する前、もしくは飲む前に確認しておきましょう。

ユーグレナから生まれた麹酵素の公式サイトで詳しい飲み方を確認する!

ユーグレナから生まれた麹酵素は1日何粒が飲み過ぎ?ピル併用は可能?まとめ

ユーグレナから生まれた麹酵素は一袋30粒入り

メーカー推奨の1日の摂取目安量は1~2粒

早く結果を出したいという人の中には朝・昼・晩と多めに飲む人もいる

基本的にはピルとの併用をしても問題ない

大豆イソフラボンの過剰摂取でピルの効果を減少してしまうことがある

ユーグレナから生まれた麹酵素って1日に何粒までなら飲んでもいいのだろう?と気になっている人もいるのではないでしょうか?

ユーグレナから生まれた麹酵素は医薬品ではなく特に何粒まで…という規定はありません。

 

ですが、メーカーが推奨する1日の摂取目安量は1~2粒となっています。

朝・昼・晩と3粒飲む人も多いようです!

 

なので多くても3粒までにとどめておくと無難かもしれないですね!

また、中にはピルとユーグレナから生まれた麹酵素の併用を考えている人もいるでしょう。

 

基本的には併用しても問題はないですが、どうしても心配だという人は、ユーグレナから生まれた麹酵素を購入する前、もしくは飲む前に販売会社かピルの処方箋を受ける際に聞いておくと安心ですね★

ユーグレナから生まれた麹酵素はピルと併用できますがサプリメントの中にはピルの効果を下げてしまうものもあるので併用する場合は事前に必ず成分や注意書きをチェックしておきましょう。

 

↓今なら通常6,200円が500円(今なら送料無料!!)↓

▼売れすぎにつき初回92%OFFの販売終了間近!お急ぎを!▼

>> 定期購入縛りなし!安心の20日間返金保証付きでリスクなし! <<

>>ユーグレナから生まれた麹酵素の公式サイトで詳しい効果や口コミを確認する!<<