NHKの大河ドラマ「西郷どん」(日曜・午後8時放送中)に10月21日から西郷従道(錦戸亮)の妻・清役として出演することが発表された女優の上白石萌音さん。

 

そんな今をときめく若手女優・上白石萌音さんを育てられたお父様やお母様はどんなご職業をされているのでしょうか。

 

またどんなご家庭で育たれたのでしょうか。

お金持ちの家庭だったと噂となっていますので、その真相について見ていきましょう!



上白石萌音について経歴やプロフィールを紹介!

上白石萌音 父 職業 お金持ち 家庭

さて今では数々の作品に出演されている上白石萌音(かみしらいし もね)さんですが、年齢は1998年1月27日生まれの20歳になります。

 

出身地は鹿児島県鹿児島市で、高校に入学するまでは、地元の鹿児島と東京を往復してお仕事をされていたようです。とてもがんばり屋さんなのですね。

 

2016年8月に興行収入250億円を超える大ヒットを記録した劇場アニメ「君の名は」では、ヒロインである宮永三葉役の声優をつとめ、脚光を浴びたことは記憶に新しいです。

 

2014年には映画「舞妓はレディ」において800人を超えるオーディションの中から、主人公の舞妓見習い・春子役を射止めました。

 

ミュージカル仕立ての同作において、監督の周防正行さんからは「平成のオードリーヘップバーン」と称されたそうです。

 

またその演技力や歌唱力が認められ、

 

  • 第38回日本アカデミー賞新人俳優賞
  • 第26回山路ふみ子新人女優賞
  • 第19回日本インターネット映画大賞日本映画部門ニューフェイスブレイク賞
  • 第19回日本インターネット映画大賞日本映画部門ベストインパクト賞

 

など多くの賞を授賞されています。

 

2歳下になる妹の上白石萌歌さんも現在女優をされています。

現在放送中のTBSドラマ「義母と娘のブルース」では綾瀬はるかさんの娘役で人気を集めていますね。

 

そんな美人姉妹の上白石萌音さんと萌歌さんですが、なんと第7回東宝シンデレラオーディションにて妹の萌歌さんが当時の最年少グランプリを、姉の萌音さんが審査員特別賞を姉妹で同時に授賞され話題になりました。

 

2018年には映画「羊と鋼の森」にて姉妹で初共演をされています。

 

上白石萌音さんのドラマデビューは2011年の大河ドラマ「江~姫たちの戦国」だったそうです。

 

再び今回、大河ドラマに出演が決定されたなんて、やはり演技力がとても認められているんですね。

今回の「西郷どん」は地元の鹿児島が舞台ということで、ご両親もとても出演を喜ばれたのではないでしょうか(^^♪

 

上白石萌音の父の職業は?

上白石萌音 父 職業 お金持ち 家庭

そんな上白石萌音さんのご両親はいったいどんなご職業をされているのでしょうか。

調べてみたところ、ご両親はなんとお二人とも先生をされているそうです!

 

どうやらお父様は社会科の先生をされていて、お母様は元々は音楽の先生をされていたそうですが、今ではピアノの先生をされているそうです。

 

「上白石萌音さんの清楚でまっすぐなイメージも思わず納得だな」という感想です。

またお父様は2006年から2008年の3年の間、メキシコの日本人学校にて日本語を教えられていたそうです。

 

その間もちろん上白石萌音さんも海外で生活されていたので、萌音さんもメキシコの公用語であるスペイン語や英語もご堪能だそうです。

 

現在のお父様の詳しい勤務先はお調べしても残念ながらわかりませんでしたが、おそらく中学校の先生をされているのではないかと言われています。

 

上白石萌音はお金持ちの家庭だった?

上白石萌音 父 職業 お金持ち 家庭

中学校教師というと、平均年収は30代では推定平均481.9万円、また40代では推定平均560.3万円とされています。

 

また、40代では学年主任や教務主任といった役職や、早い方だと教頭先生になられる方もいるでしょう。

 

そういった役職につかれると、業務の負担は大きいですが、その分手当てがつきますよね。

もしかしたら年収は平均よりかなり上回っている方もおられるかもしれません。

 

上白石萌音さんのご家庭は、ご両親ともに先生をされていたそうなので、単純には言えませんが、その二倍と考えると、何不自由のない満ち足りたご家庭だったと言えるかもしれません。

 

ご両親ともに先生というと、どうしてもとても厳格なご家庭を想像してしまいませんか?

 

しかし、2014年に上白石萌音さんが主演をつとめられた舞台「みえない雲」の出演時には、お父様が地元の鹿児島から東京まで見に来てくれたと話されていました。

 

とても娘思いな、とても親子間の仲も良もいいことがわかりますね(^^♪

 

上白石萌音の父の職業は?お金持ちの家庭だった?まとめ

上白石萌音 父 職業 お金持ち 家庭

いかがでしたでしょうか?

上白石萌音の父の職業は?お金持ちの家庭だった?ということについてまとめてみました!

 

名付けられた名前の「萌音」の由来も、ご両親が「音楽が好きになってほしい」との願いがこめられていて、お母様のお腹のなかにいるときから身近に音楽がある生活をされていたそうです。

 

そしてまさにその名の通り、小さい頃から歌うことや踊ることが大好きだったようです。

 

女優として活躍される一方で、主演映画「舞妓はレディ」では役名の小春名義で、またヒロイン役の声優をつとめた「君の名は」では主題歌「なんでもないや」を含めたミニアルバムも出されています。

 

きっと小さい頃からのご家庭での生活が、いまの歌唱力や表現力の豊かさにも繋がっているのではないでしょうか。

 

教育熱心なご両親の間で、愛情深く、のびのびと育たれたのが目に浮かぶようですね。

 

これからますます上白石萌音さんが見せてくれるであろう新たな作品や楽曲に、今後も注目していきたいと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

春風春風

このたびは私が書いた記事を読んでいただき、ありがとうございます。

これからも芸能に関することや、話題になった事、面白そうなことも気になったことも配信していきます♪

 

よろしければ今回の記事についての”感想””ご意見”ございましたらコメント欄よりコメント頂けたら嬉しいです!

 

LINEにて友達登録をしていただけたら真っ先に情報をお届けできますので、宜しければ下のボタンからお友達登録よろしくお願いします!

 

友だち追加